【保存版】美容室でのメンズカット・カラーの頼み方を徹底解説!眉カット&QBハウスなど1000円カットでの髪型オーダー方法も。

メンズカット

美容室にいくと必ず聞かれる「今日はどうしますか?」
毎度どのように答えるか悩みますよね。

でも実は、このオーダー方法によってヘアスタイルの仕上がりは大きく変わってきます
美容室でカット後の仕上がりに満足できない、という方ももしかしたらオーダー方法が原因かも?

そこで今回は美容師さんの声をもとに美容室でのオーダー方法を徹底解説!
カラーや眉カット、QBハウスなど1000円カットでのオーダーなど、様々なパターンを見ていきます!

美容室で後悔しないオーダー方法を知っていきましょう♪

絶対に失敗しないメンズ美容室カットの頼み方ポイント3選+NG集

まずは通常の美容室カットのオーダーのポイントを見ていきます!

髪の部位ごとに伝える!メンズカットの4ポイント

頼み方の1つ目は髪の部位ごとに希望を伝えることです。

メンズの印象のキモ!【前髪】の頼み方

前髪については、希望の長さ・重さ・流す方向を伝えるようにしましょう。

「眉が隠れるくらい」「眉より1センチ上」「目と眉の間ぐらい」など、前髪の長さは目と眉を基準に説明するとイメージ通りになることが多いです。

流す方向も下ろす・上げる、分け目のあり・なし等まで理想の仕上がりをイメージして伝えましょう!

ショートヘアメンズは必見!清潔感を左右する【サイド・耳周り】の頼み方

サイドのオーダーは「耳」が基準になります。
耳は出すのか、少し隠れるくらいなのかといったオーダーによってカットも変わります。

また、刈り上げやブロックを入れる場合もあると思います。
髪質や髪の伸びる早さ、そして実現したい髪型から自分に合う長さを探して伝えられるとベストです!
もみあげの長さも聞かれることがあるので、決めておくと良いでしょう。

イケてるメンズは後ろ姿もカッコいい。【バック・襟足】の頼み方

襟足の長さはサイドを基準に伝えるのが簡単です。
「サイドに合わせて刈り上げ」「サイドより長めで襟にかからないくらい」といった伝え方がわかりやすいでしょう。

この投稿をInstagramで見る

Nagashima takashi(@barber_nagashima_official)がシェアした投稿

束感や動きでメンズの髪型全体のバランスを整える【トップ】の頼み方

トップに関しては「動き」「ボリューム感」のイメージを伝えればあとは美容師さんが全体のバランスを見て調整してくれるでしょう。

「自然な束感を出したい」・「ツンツンに立てたい」
「短めにすっきりしたい」・「長めに残したい」
「フワッと軽くさせたい」・「重めに残したい」

などがオーダーのポイントです。

仕上がりイメージのメンズカットモデル写真でオーダー!写真は3枚ほど用意しよう

「百聞は一見にしかず」と言いますが、それはヘアカットでも同様です。
言葉でイメージを伝えるよりも、雑誌やサイトのヘアカタログで完成形のイメージを見せると美容師さんもイメージが沸きやすくその通りに切ってもらえる可能性が高まります。

そして、写真を探す・見せる場合には3つの角度からのヘアスタイルがわかることがポイント。
前・横・後ろの3方向から撮影した写真を用意しましょう

これはヘアカラーやパーマをあてる際にもとても重要なポイントです。
言葉では伝わりづらいニュアンスがあると思うので、必ず完成形のイメージ画像を探して提示しましょう!

また、ヘアカタログを探さなくても、自分の仕上がりの写真を見せるのが再現度が高まる一番のコツです。
美容室でカットしていい感じだな、と思ったら、その場で3方向の写真に収めてもらい次回以降のオーダーの材料にしましょう。

カットの仕上がりで伝えづらいときは…髪の悩みや「して欲しくないポイント」だけでも伝えよう!

カットの完成形をイメージしてポイントごとに伝えるというコツを紹介してきましたが、自分の理想の髪型がわからないという方もいるでしょう。

その場合には髪の悩みや「こうしたくない」というポイントだけでも伝えると美容師さんから提案しやすくなるそうです。

「丸顔に見えやすい」
「毛量が多くボリュームが爆発しやすい」
「刈り上げや前髪のかきあげはしたくない」
など、これまでの髪型で感じてきたポイントや自分に合わなかった髪型を伝えるだけでもいいでしょう。

メンズが美容室でやりがち。NGな頼み方はこれ!

美容師さんに聞くと、逆に失敗しやすいオーダーの方法もあると言われます。

例えば、よくやりがちな「お任せにします」という頼み方。
美容師さんの自由にやってもらえるためいいのではと思いますが、やはり何も本人の希望や情報がない状態で切り始めるのは難しいそうです。

また、「短めで」「スッキリさせたい」といったアバウトな頼み方も美容師さんは困ってしまいます。
ここまでで紹介してきたように、部位ごとの希望や完成形のイメージを少しでも具体的に伝えましょう!

意外と失敗しない!?1000円カットでの頼み方

格安の料金・短い時間でヘアカットのみをしてくれるQBハウスを初めとする1000円カット。
カットする方の技術や仕上がりに不安を持って敬遠するメンズも少なくないのでは。

でも通常3000円以上はする美容室と比較するとコスパが高いことは明らかです。

さらに、カットの値段と腕前は比例しません
1000円カットで働く美容師さんも、仕方なくこの職場を選ぶのではなく、高い技術を持ちながらも待遇面や勤務スタイルから積極的に1000円カットで働くことを選択する人も多くいるようなのです。

もちろん、1000円カットにはシャンプーなどのヘアケアサービスがないため、整髪料をつけたり寝癖のままでいくことは避けた方がいいでしょう。
帽子などの被り物も自然な髪のスタイルが変わってしまうのでおすすめしません。

それだけ守って、髪のポイントごとのオーダーをし、完成形のイメージを見せるなどここまで紹介してきたような具体的なオーダーでお願いすれば、1000円カットでもしっかり理想の髪型に仕上げてくれます!

QB HOUSE BRAND MOVIE -2020-

さらに、QBハウスでは「カットカルテ」というスマホアプリもあるようです。
このアプリを使えばより具体的に希望するカットのイメージを伝えることができますね♪

QBハウスの「カットカルテ」はこちら

顔の印象がかなり変わる!メンズ眉カットの頼み方

最後に、眉カットのオーダー方法の紹介です。

眉カットについては「長さ」「細さ」「」の3ポイントで希望を伝えましょう。

「伸びている部分を切って整えるだけで良い」
「眉尻だけ細くして欲しい」
「少し綺麗なカーブにしたい」

などという具合です。

また、ヘアカットのように完成形の写真を見せてもいいですし、逆に客観的に見て自分の顔かたちに合うスタイルにしてもらえるようにお任せにするのも良いでしょう。

この投稿をInstagramで見る

ニューグレート美容室(@_newgreat_)がシェアした投稿

もう美容室で失敗しない!髪型の頼み方・カットオーダー方法を抑えよう

今回はメンズが美容室でカットする際の頼み方のコツを紹介してきました。
これでもうどんな美容室でも理想の髪型にしてもらえますね♪

ぜひ美容室にいく前にはこの記事を見返して満足いくヘアスタイルを楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました