【保存版】メンズが髪を綺麗に伸ばす時に気をつけたいことは?髪型から伸ばす途中のカットのコツまで徹底解説

ロングヘア

メンズショートから少し髪を伸ばしてミディアムやロングの髪型にしたい時、気になるのが伸びかけの髪です。
最近はセンターパートの髪型が流行っていることもあって、前髪と一緒にサイドの髪を伸ばす人も増えています。
しかし、伸びかけの髪は前髪が目にかかったりして邪魔に感じることもあり、我慢できずに切ってしまう人も多いです。
それだけではなく、適当に髪を伸ばすと周囲から見ても鬱陶しく感じることもあります。
最後まで髪を伸ばしきるまで、メンズヘアは綺麗な髪を保てるのでしょうか。
今回は、メンズが髪を綺麗に伸ばす際のポイントや伸ばしかけのメンズカットのコツまでまとめて徹底解説します。

【中途半端で鬱陶しい!】メンズが髪を綺麗に伸ばすことはできる?

メンズが髪を綺麗に伸ばすことはできるのかについて詳しく説明します。

メンズが髪を綺麗に伸ばすのは難しい?

メンズヘアは圧倒的にショートが多いのですが、最近増えてきているのがミディアムやロングのヘアスタイルです。
特にセンターパートにしたくて伸ばす人が多く、前髪からサイドの髪までまんべんなく伸ばすことが多いです。

しかし、メンズヘアは綺麗に伸ばすのが難しくて失敗すると少し清潔感のかけた雰囲気になってしまいます。
特に難しいのが、伸ばす過程のヘアスタイルです。
伸ばしきった後に綺麗に整えるのは簡単ですが、伸ばしかけの髪はどうしても鬱陶しく見えてしまいます。
そのため、メンズが髪を伸ばす時には少しコツが必要になります。

髪を伸ばす過程で陥る問題とは

メンズが髪を綺麗に伸ばしたい時、まず大切になるのが伸ばす過程で陥る問題を知ることです。
メンズの髪を伸ばす時の問題は次の通りです。

  • 髪が目にかかって鬱陶しい
  • 髪型迷子で落ち武者のようになる
  • 伸ばしっぱなしだと清潔感にかける

まず、髪を伸ばしている時になるのが前髪です。

メンズヘアで髪を伸ばす時は、前髪も一緒に伸ばすことが多いのですが伸ばしかけの前髪はとても鬱陶しくなります。
特にメガネをかけている場合は鬱陶しく、すぐに髪を切りたくなるので注意が必要です。

次に陥る問題が、伸ばす過程の髪型が決まらずに落ち武者のような謎のヘアスタイルになることです。
髪はただ伸ばすだけでなく、目的の髪型を目指して伸ばさなければいけないのですが目指す方向性が漠然としていると髪型迷子になります。
また、伸ばしっぱなしのままだと清潔感に掛けるのできちんとスタイリングやヘアカットで髪を整えるようにしましょう。

短髪からロングまで伸ばすにはどのくらいの期間がかかる?

髪の長さはだいたい1ヶ月で1cmくらい伸びると言われています。
単純計算すると、1年で12cm伸びる計算になります。
短髪から髪が結べる程度になるまで、1年くらいかかると思っておきましょう。

どのくらい伸ばすかにもよりますが、短髪からロングにするまでの間に髪型迷子にならないためにも伸ばしっぱなしはおすすめ出来ません。
特に社会人の場合はスタイリングやヘアケアにしっかり気を使いましょう。

メンズが髪を綺麗に伸ばす時に大切なことは?

繰り返しになりますが、メンズが髪を綺麗に伸ばしたい時に大切なのは清潔感です。
特に髪で結べないくらいの微妙な長さの時には十分、気を使いましょう。

また、前髪が邪魔で切ってしまうとなりたい髪型にできなくなることもあるので注意が必要です。
伸ばす前に伸ばした時の髪型だけでなく、伸ばす過程の計画もきちんと立てておくと失敗しにくくなります。
伸ばす過程の髪型やスタイリング方法、どんな雰囲気の髪型になるのかまで事前に計画を立てておきましょう。

メンズヘアを綺麗に伸ばすポイントは?

メンズヘアを綺麗に伸ばす4つのポイントについて詳しく説明します。

ポイント1.伸ばした後の髪型を想像する

まず1つ目のポイントが、伸ばす時には伸ばした後の髪型をしっかり想像しておくことです。
髪を伸ばすと言っても、ミディアムからロングまで様々な髪型があります。
例えば同じミディアムヘアでもウルフカットとセンターパートのヘアスタイルでは違うジャンルのカットになります。
ウルフカットのようなレイヤーのある髪型なら、伸ばしている途中で段差を作るカットをしてもある程度大丈夫ですが段差のない髪型にしたいなら要注意です。

レイヤーのない髪型にしたいのに、途中で髪に段差を作ってしまうと最終的にやりたい髪型が出来ないことがあります。
せっかく時間をかけて伸ばしたのに、やりたい髪型にできないのでは意味がなくなってしまうので注意しましょう。

ポイント2.中途半端な長さの期間もきちんと髪型を整える

中途半端な長さの期間が髪を伸ばす時には一番大切です。
例えばウルフカットにする場合、途中で表面の髪を切るよりも襟足を伸ばしながら表面の毛量を調節していくのがおすすめです。
また、ベリーショートからマッシュなどの重たい髪にする場合も毛量が前下がりになるように整えていく必要があります。

髪の量や位置を調節しつつ、中途半端な長さの時にも調節しながらカットしていくのがおすすめです。
伸ばしかけで美容院に行ったときは、伸ばしていることを美容師に伝えておくと伸ばす過程でも綺麗に整えてくれるので相談してみましょう。

ポイント3.伸ばす途中はスタイリングを工夫する!

伸ばす途中の鬱陶しい髪はスタイリングを工夫して乗り越えましょう。
特に前髪は何もしないと周囲から見ても鬱陶しく見えます。
それだけではなく、視力低下や眼球を傷つけたり目の疲れの原因になる可能性もあるので注意が必要です。
伸ばしかけの前髪は彩度に流したり、センターパートにしたりスタイリングを工夫して目にかからないようにするのがおすすめです。

また、髪がもっさりして広がる場合はスタイリング剤やアウトバストリートメントを利用して髪型をすっきりまとめましょう。
重たい雰囲気になって清潔感にかける場合は、髪を耳にかけたり前髪をセットするだけでも雰囲気が変わります。

ポイント4.伸ばしかけ髪はヘアケアにも注意!

髪を伸ばす時に注意してほしいのが髪のダメージです。
髪はショートよりもロングの方が傷みやすいのですが、これは日常生活を送るうちに毛先がどんどんダメージを受けるためです。
髪が傷んでいると伸ばした時に綺麗に見えないため、スタイリングだけでなくヘアケアにも力を入れましょう。

シャンプー後に濡れた髪を放置せずにすぐ乾かしたり、アウトバストリートメントをタオルドライ後に使用したりするだけでもヘアケアになります。
髪を綺麗に保つことは清潔感にも繋がるため、伸ばす期間中はいつも以上にヘアケアに力を入れましょう。

伸ばす途中でメンズカットに行った方が良い?美容院に行かない場合の注意点

メンズヘアを伸ばす途中、美容院に行った方が良い理由や美容院に行かない時の注意点について詳しく説明します。

髪を伸ばす途中でメンズカットした方が良い理由とは?

髪を伸ばす途中、ただ髪を伸ばすだけでなくメンズカットを合間に挟んだ方が綺麗に伸ばせます。
もし、メンズカットしなかったらサイドやトップの髪がもっさりしてやぼったくてださい髪型になる可能性が高いです。
特に毛量が多い場合は伸ばしっぱなしだと、髪が広がって上手くスタイリングできないこともあります。

綺麗に伸ばすためにも、伸ばす過程の髪型にも気を使いましょう。
伸ばしかけの髪のことを考えるのは面倒だと思うかもしれませんが、途中の髪型も楽しめば一石二鳥です。

伸ばした時の髪型を想像してカットすることが大切

伸ばす過程でカットするときに大切なのが、最終的な髪型を考えることです。
伸ばした時の髪型を想像してカットすることで、雰囲気を徐々に最終的な髪型に近づけていけます。
一気にイメチェンをするのが好きな場合は、逆に少しジャンルを変えながら髪型を決めるのもおすすめです。

美容院でカットするときは美容師に伸ばしかけだということを伝え、途中の髪型をどうするのかを相談しましょう。
もし、いつも同じ美容院でカットしているなら、どうやって最終的な髪型にしていくのかの計画を一緒に立てるのもおすすめです。
プロならではのアドバイスをしてくれるので、髪を伸ばす計画が楽になります。

伸ばす途中でメンズカットに行けない時は?

伸ばす途中でメンズカットに行けない時には、スタイリングやヘアケアにさらに注意が必要です。
髪質や毛量にもよるのですが、伸ばしっぱなし感がでないようにスタイリングでボリュームを抑えるのがおすすめです。
例えば、ヘアオイルやヘアバームを利用して髪をケアしたり、スタイリングに利用してみても良いでしょう。

髪が傷んでいると、伸ばしかけの髪がさらに広がって扱いにくくなります。
ヘアケアには十分気をつけて、できるだけ清潔感のある髪型になるようにスタイリングしましょう。

メンズのミディアム・ロングは清潔感が大切!

メンズのミディアムやロングの髪型はおしゃれですが、一歩間違えるともっさりとしてださい髪型になります。
伸ばしかけも伸ばした後も清潔感のあるスタイルを目指すのがおすすめです。
同じ髪型でもおしゃれに見える時と見えない時があるのは、スタイリングだけでなく髪本来の綺麗さも関係しています。
メンズが清潔感のある綺麗なミディアム・ロングヘアを目指すためには、髪自体を綺麗に保つことも大切です。

中途半端に伸びたメンズヘアのセット方法は?ポイントを解説

中途半端に伸びたメンズヘアのセット方法について、ポイントと一緒に詳しく解説します。

美容院に行けない時は特にメンズヘアのセット方法が大切

私生活が多忙で美容院にどうしてもいけない時でも、なるべくスタイリングには時間を割くようにしましょう。
もし、スタイリングに時間をかけられない場合はいっそのこと髪を伸ばすのをやめた方が良いです。

ミディアムやロングは普通のメンズショートに比べ、基本的にスタイリングに手間がかかります。
ずっと髪を1つに縛るならスタイリングは不要ですが、そうでないなら髪を伸ばす過程でスタイリングに慣れておくのも大切です。

中途半端に伸びたメンズヘアのセット方法

中途半端に伸びたメンズヘアのセット方法のポイントは次の通りです。

  • ブローをバック、トップ、サイドと丁寧にする
  • なりたい髪型にあわせて髪をブローする
  • ワックスを使用する時は付けすぎに注意!

メンズのスタイリングの場合、一番大切なのがブローです。
ブローをきちんとすることでヘアセットが綺麗にできます。
髪の後ろをまずは乾かして、トップ、サイドと乾かしていくのですが、この時になりたい髪型にあわせて乾かすのが大切です。

例えば、マッシュっぽく乾かす時はトップを持ち上げるように下から温風をあててふんわりさせます。
また、前髪を上げてオールバック風にするときは髪をかきあげるように乾かすとヘアセットしやすくなるのでおすすめです。

髪をまとめる時にワックスを使う際は、付けすぎに注意しましょう。
まずは10円玉くらいのワックスを手にしっかり馴染ませてから髪につけていくと、べたつきすぎてヘアセットに失敗する確率も下がります。

髪は伸びるほど傷みやすくなる!紫外線など日常生活での注意ポイント

髪を伸ばす時に注意したいのが、日常生活でのヘアダメージです。
髪は伸ばすほどにダメージが蓄積しやすくなるため、ヘアケアがとても重要になってきます。
そのため、紫外線から保護してくれるスタイリング剤やヘアケアアイテムやドライヤーの熱ダメージから守ってくれるトリートメントを使用するのがおすすめです。

また、髪は濡れていると傷みやすいのでシャンプー後などにはきちんと髪を乾かすことも大切です。
髪を最後まで綺麗に伸ばすためにも、日常生活のヘアダメージには十分気をつけましょう。

メンズが髪を綺麗に伸ばすには日々のヘアケアや食事も大切!

メンズヘアはショートヘアが多いのですが、最近はミディアムやロングにする人も増えています。
しかし、伸ばす途中の髪は鬱陶しいだけでなく下手すると見栄えが悪くなることも少なくありません。
伸ばしかけの髪は途中でヘアカットして整えたり、スタイリングを工夫するだけでなくヘアケアや食事も大切です。
食事で芯から健康な髪を作り、ヘアケアで根元から綺麗な髪を作れるように努力しましょう。
ショートからイメチェンするためにロングやミディアムにしたい人は、今回紹介したメンズヘアを綺麗に伸ばすコツを参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました