メンズセルフカットは後ろとサイドが重要!バリカンの刈り上げ方法なども徹底解説!

メンズカット

後ろ髪やサイドのボリューム、襟足の長さが気になり出したら。メンズセルフカットのすすめ

生活様式が大きく変わった2020年。
自宅で過ごすことも多くなり、「美容室に行きづらい・行けてない」なんてメンズも多いのではないでしょうか。

髪をセットしようとしても長さやボリュームが増えてキマりづらい、なんてこともあると思います。

そんな今こそメンズにおすすめしたいのが「セルフカット
「難しそう」「失敗が怖い」印象もありますが、コツさえ掴めば理想の髪型を実現できちゃうんです。

そこで今回は失敗しないセルフカットのためのコツ・秘訣を徹底解説します!

この記事を読んでお財布にも社会にも優しく理想の髪型を再現しちゃいましょう!

メンズがセルフカットで失敗しないために。重要なアイテムはコレ!

まずセルフカットを行う上で重要なのが必要なアイテムをしっかり揃えること。
美容師さんのように高価なハサミや道具を揃える必要は全くありませんが、必要なアイテムをコスパよくしっかり揃えましょう。

・カットバサミ
カットバサミを選ぶ時のポイントは
①大きさ
②材質
です。

大きさは手の大きさに合わせて5.5インチ〜7センチのものを選びましょう。
ハサミには様々な材質のものがありますが、おすすめは「スレンレス鋼」素材のもの。
美容師さんでもこれを使う方が多いようです。

プロの使うハサミは1丁5万円ほど、高いものだと30万円のものもあるようですが、
セルフカットに使うハサミとしては高くても2万円ほど、相場で2,000〜5,0000円ほどのものを選ぶと良いでしょう。

・すきバサミ
セルフカットの肝となるすきバサミ。
切りすぎることなく綺麗な仕上がりに見せるためには適切なスケ率のものを選びましょう。
毛量が多い場合は少し大変になりますが、スケ率が20%程度のものであれば少しずつすいていけるためおすすめです。

・バリカン
サイドや後ろ、襟足をスッキリ刈り上げたいときに必須なのがバリカン。
これも値段がピンからキリまでありますが、高すぎるものを選ぶ必要はないでしょう。
1mmから15mmほどまで、アタッチメントを細かく調整できるものがおすすめです。

・くし/ヘアクリップ/カチューシャ
髪を整えたり止めたりするのにくしやクリップも必須。
くしは髪をすく時にも使います。
クリップでいちいち止めるのが面倒な方はカチューシャでざっくり髪をブロッキングしてもいいかもしれません。

・鏡(三面鏡)
仕上がりを確認するのに当然鏡は必要になります。
サイド・後ろも切るときはなるべく三面鏡を用意しましょう。

・散髪ケープ
最近ではカットした髪を床に落とさず留めてくれるセルフカット用ケープも多く出てきています。

メンズも印象が大きく変わる!前髪のセルフカットのコツ

顔の印象を大きく左右する前髪。
絶対に失敗できないポイントですが、うまく切ることができれば簡単にイメチェンができちゃう部分でもあります。

そんな大事な前髪の切り方を3段階に分けて説明していきます!

事前準備:髪のクセ取りとブロッキング

まずは髪を濡らして髪の浮き上がりや癖を取りましょう。
そしてその後しっかり乾かすことも大事なポイント
濡れた状態のままカットしてしまうと、乾いたときに「思ってたより切りすぎた!」なんてことが起こってしまうので気をつけてください。

クセ取りが完了したら、前髪をブロッキングします。
ポイントは前髪の切る部分と横の残す部分をしっかり耳のあたりで分けてブロッキングすること
こうすることによって前髪の端を切りすぎることなく切りたい部分だけをしっかり切ることができます。

毛先を整える

まずは毛先の長さを整えましょう。
くしで髪をすくいとり、毛先5mmほどのところで切り揃えます。
このとき、流す方と反対の側から切り始めること、毛先は少しずつ切っていくことで失敗する可能性はぐんと減ります。

すきバサミで重さを整える

長さの調節が完了したら、厚み・重さが気になる部分を梳いていきます。
くしで髪をすくいとったら、すきバサミを縦に入れていきます。

まずは毛先2〜3cmくらいのところから少しずつ梳いていき、毛先の重さを整えたら前髪の上部分にもすきバサミを入れていきます。
梳きすぎることのないよう、しっかりと鏡を見ながら切っていきましょう。

【セルフカット】メンズの前髪カットの切り方を美容師が解説!簡単だよ♡

サイドからすっきり爽やか、ツーブロックも◎。ヨコ・襟足のセルフカットのコツ

サイドを切るときは指で髪を引き出し、前(こめかみ)の方から3回くらいに分けてハサミを入れます。

この指の引き出し角度によってカット後の印象も大きく変わるのがポイント。

手を入れる角度が斜めになるほどハイレイヤー(トップ部分が軽くなる)で軽い質感を出すことができるようになります。

また、バリカンでサイドを刈り上げてツーブロックを作ることもおすすめ。

長く残す部分はヘアクリップで止め、下の残った部分にバリカンを入れていきます。
最初は長めのアタッチメントから始めて、鏡を見ながら徐々に短いバリカンを使っていく中で理想の厚さを見つけましょう。

時間がたつとサイドが膨らむ人の為の講座&襟足カット【メンズセルフカット】

最難関!メンズヘアの命・ボリュームを整えるためトップ〜後ろ髪セルフカットのコツ

それでは最後に、最難関の後ろ髪のカット方法です。
後頭部のカットにはすきバサミが大活躍します。

まずハチ周りのボリュームを落としたい時には指で毛束を取り出し、刃の1/3〜半分を使って2,3回に分けてすきバサミを入れます。

後頭部〜襟足を切る時にも、手を入れながら指から外に出た部分にすきバサミを入れていく感じでOKです。

【セルフカット】美容師が自分で後頭部の髪を切ってみた

メンズのセルフカットは意外と簡単!

メンズセルフカットの方法を紹介してきました。

すきバサミやバリカンなど、適切な道具を適切に使えば失敗する可能性も低く意外と簡単なセルフカット。

ぜひ自宅で試してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました