【最新版】メンズのセルフカラーにも便利!髪留めの使い方を徹底解説

スタイリング

髪留めは女子だけでなく、メンズにとっても便利なアイテムです。
セルフカラーをするときに使ったり、洗顔やヘアセットの時に使ったりと使用方法は様々です。
安価で手軽に購入できるものなので、コツさえ使えれば日常生活の至る場面で活躍してくれます。
今回はメンズの髪留めのおすすめの使い方や髪留めの種類、購入場所などを徹底解説します。

【使い方色々】メンズのセルフカラーにも便利な髪留めの使い方とは

メンズが日常生活で髪留めを使えるケースと使い方について説明します。

メンズにも髪留めがおすすめ?

髪留めというと女子がおしゃれのために使うヘアアクセサリをまずは思い浮かべる人が多いと思います。
しかし、メンズも髪留めをいくつか持っていると便利です。
ヘアカラーを自宅でする時のブロックに使ったり、洗顔時に髪が濡れないように使ったりするほかにもヘアセットにも使えます。

髪留めは美容やおしゃれに興味のあるメンズにとって、必須アイテムともいえる便利なものです。
美容やおしゃれだけでなく、スポーツをやっているなら髪が邪魔にならないようにヘアバンドやカチューシャをつけるのもおすすめです。
髪留めにはヘアクリップやカチューシャなど、色々な種類のものがあるのでぜひ自分に合ったものを探してみてください。

具体的なメンズの髪留めの使い方は?

メンズにおすすめの髪留めの使い方は次の通りです。

  • ヘアカラー
  • 洗顔
  • ヘアセット
  • スポーツ時

まず、髪留めが便利なシチュエーションはセルフカラーの時です。
セルフカラーをする際、よく起こる失敗が色むらですがヘアクリップで上下左右4つのブロックに分けてから染めると綺麗に染めやすくなります。

次のシチュエーションは、洗顔やスキンケアで髪が邪魔にならないように髪留めを使用する時です。
最近は洗顔だけでなく、化粧水や乳液でスキンケアをする男性も増えています。
スキンケアで顔パックをする時などに髪が顔にかかって邪魔な場合に髪留めが便利です。

3つ目のシチュエーションがヘアセットの時です。
最近流行りのセンターパートを作る際、ヘアクリップを利用すると綺麗に作りやすくなります。

最後がスポーツの時に髪が邪魔にならないよう、髪留めを使うパターンです。
他にも、普通におしゃれのためにヘアピンを使う男性もいます。
髪留めは女性だけのものではないため、自分に合った使い方を見つけてみるのも面白いです。

髪留めを使用するときの注意点はある?

髪留めは普通に使う時には特に注意点はありません。
ただし、基本的にサイズの小さいものなのでなくさないように注意しましょう。
また、ペットを飼っていたり家族に幼い子どもがいる場合は誤飲しないように気をつけましょう。

その他には、とがっていたり壊れた髪留めは踏むと怪我をする恐れがあるので気を付けるくらいです。
使い勝手が良いものなので、特に制約がなく使えるのも髪留めの便利なところです。

メンズも使える髪留めの種類は?留め方も合わせて紹介!

メンズも使える髪留めの種類や留め方を紹介します。

【ヘアクリップ・ヘアピン】メンズも使える髪留めの種類

メンズも使える髪留めの種類は次の通りです。

  • ヘアクリップ
  • ヘアピン
  • カチューシャ
  • ヘアバンド
  • 髪ゴム

主な髪留めは上記のようになるのですが、それぞれ留め方が変わってきます。
ヘアクリップやヘアピンは髪をはさんで止める髪留めになります。
カチューシャとヘアバンドは髪をおさえて止める髪留めです。
髪ゴムは髪を縛る髪留めです。

髪をはさんで止めるタイプの髪留めは狭い範囲の髪を束ねられることと、しっかり留められる使いやすさがメリットになります。
髪をおさえて止めるタイプは広い範囲の髪を一気にとめられるので、急いでいる時や大雑把に止めても大丈夫な時に便利です。
最後の髪を縛るタイプは髪の長さが邪魔な時に便利ですが、縛った跡がつくのがデメリットです。
それぞれ特徴が違うため、用途にあわせて使用しましょう。

メンズが髪留めを使うときのポイント

髪留めを止めるときのポイントは次の通りです。

  • 用途に合わせた種類の髪留めを使う
  • 髪にあとがつく場合は注意
  • 髪留めを使う練習をする
  • 保管場所を決める

まず使う時に大切なのは用途に合わせた種類の髪留めを使うことです。
例えばセルフカラーの時は、ヘアクリップという留め具を片手で大きく開けるタイプのものを使います。
洗顔の時は、髪にあとがつかないように柔らかい素材のヘアバンドや跡がつかないタイプのヘアピンがおすすめです。

3つ目のポイントは髪留めを使う練習をすることです。
髪留めは手軽に使えますが、ヘアセットに利用する場合やセルフカラーに利用する場合は少しコツがいます。
髪の扱いは慣れが大切なので何度か練習してから使用するのがおすすめです。

最後に保管場所を決めておくのも大切です。
ヘアクリップやヘアピンは小さくなくしやすいため、保管する場所を決めて使用後はきちんと片付けましょう。

【ヘアクリップ・カチューシャ】メンズが使える髪留めはどこで買える?

ヘアクリップやカチューシャなど、髪留めの購入場所について紹介します。

コストを抑えたいなら100均が便利!

コストをなるべく抑えたい場合は100均で購入するのが便利です。
最近の100均は様々な商品があるのですが、髪留めも豊富な種類が揃っているお店が多いです。
特にコスメ関係や美容関係は人気商品でもあるため、100円とは思えないクオリティのものも沢山あります。
まず、髪留めを初めて買ってみようと思うなら100均で色々見て選んでみましょう。

手軽に購入できるネット通販

引用:shefun

手軽に購入したいならAmazonや楽天ショッピングなどのネット通販がおすすめです。
もし、お店で購入するのはちょっと人目が気になるならネット通販で購入してみてください。
ネット通販は種類も豊富なので色々見て選びたい人にもおすすめです。
ただし、種類が豊富過ぎて逆に選びにくいと感じることもあるので気をつけましょう。

また、実際に手に取って見れないので壊れやすい商品を買わないように注意してください。
ヘアクリップなどの金具がついている髪留めは、プラスチック部分が脆いとすぐに壊れてしまいます。
手触りや持った感じで分かることも多いため、実際に手に取って選ぶ方が壊れやすいものを買わない確率は高いです。

ついで買いできるドラッグストア

ドラッグストアにもヘアピンやヘアバレッタが売っています。
どこか出先にちょっと立ち寄って購入できるのでおすすめです。
ただし、あまり種類が豊富ではないので特定の商品を探している時はおすすめ出来ません。
簡素な黒ピンや前髪を留めるヘアピンくらいなら手軽に購入できるので、買い忘れた時などはドラッグストアで購入するのもおすすめです。

他の買い物と一緒に購入できるドンキ

ドンキにもヘアピンやヘアバンドなどの髪留めが売っています。
他の買い物のついでに購入できる上に、ドラッグストアよりも種類が豊富なことがあるのでおすすめです。
ネット通販よりも種類は少ないのですが、ある程度の品ぞろえはあるので思い出した時にでも探してみてください。

髪留めはメンズでも持っておくと便利!日常生活で工夫して使ってみよう

髪留めはメンズでもいくつか持っておくと、日常生活の中でとても役に立ちます。
特に美容やヘアスタイルに興味がある人にはおすすめなので、ある程度髪の長さがある男性は持っておくのがおすすめです。
また、今は髪が短くても伸ばす予定があるなら今のうちに買っておくのも良いでしょう。
手軽に購入出来て便利な髪留めをぜひ活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました