【保存版】メンズに人気のヘアバンドを取り入れたおしゃれなスタイルを徹底解説!

髪型

髪をとめるためのヘアバンドですが、最近はファッションに取り入れる人も少なくありません。本記事では、おすすめのヘアバンドの選び方や、ヘアバンドの付け方、ヘアバンドを取り入れたメンズファッションについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

メンズに人気のヘアバンドを取り入れたスタイル:おしゃれに決まるヘアバンドの選び方

まずは、おしゃれに決まるヘアバンドの選び方について紹介します。

ヘアバンドの選び方①:髪の長さで選ぶ

まずは、髪の長さにあったヘアバンドを選ぶことがおすすめです。例えば、短髪でヘアバンドを選ぶ場合は、髪とヘアバンドの面積のバランスを考慮して、細めのものを選ぶのがおすすめです。一方、長髪の場合は太めのヘアバンドの方が髪をしっかりと結べるでしょう。

また、激しい運動をする場合には太めのヘアバンド、ファッションとして使うなら細めのヘアバンドなど、用途によって使い分けることが大切です。

ヘアバンドの選び方②:素材感で選ぶ

ヘアバンドにはさまざまな素材のものがあります。

  • ポリエステル
  • アクリル
  • ポリウレタン
  • ラバー
  • ナイロン
  • 綿
  • レーヨン

それぞれ製品によって長所が異なるため、自身の用途によって使い分けることが重要です。

ヘアバンドの選び方③:デザインで選ぶ

一括りに「ヘアバンド」と言っても、さまざまなデザインのものが存在します。企業のロゴが印字してあるものや、単色のもの、派手カラーのものなどさまざまです。

そのため、ファッションに合わせて複数のヘアバンドを用意しておくのもおすすめです。

おしゃれに決まるメンズのヘアバンドの付け方

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takeru.(@im_gaox)がシェアした投稿

ここでは、おしゃれに決まるメンズのヘアバンドの付け方を2つ紹介します。

髪を上げる場合の付け方

髪を上げる場合、以下のようにヘアバンドをつけましょう。

  1. ヘアバンドを首まで落とす
  2. 髪をセットする
  3. シルエットが決まる位置までヘアバンドを移動

髪を下ろす場合の付け方

髪を下ろす場合は、以下のようにヘアバンドをつけるのがおすすめです。

  1. 髪を押さえつけて、上から被る
  2. 前髪、トップの髪を適度に出す
  3. 全体のバランス感を意識して整える

おしゃれに決まるヘアバンドを取り入れたメンズファッション|スポーツから韓流まで

ここでは、おしゃれに決まるバンダナをつけたメンズファッションを3つ紹介します。

シンプルコーデのアクセントに:モノトーンコーデ×ヘアバンド

 

この投稿をInstagramで見る

 

hinata(@fukuwo_kiyo)がシェアした投稿

モノトーンコーデはヘアバンドとの相性が抜群です。シンプルなコーデに合わせてヘアバンドを取り入れれば、その部分がアクセントになり、他の人と差別化が図れるでしょう。

モノトーンコーデにバンダナを合わせる際は、少し派手目のものを選ぶことで、よりおしゃれさが際立つファッションになります。

高級感のあるスタイル:ハイブランド×ヘアバンド

ヘアバンドには、ハイブランドのコーデもマッチしやすいです。ロゴが記載されたロンTにジーンズ、ハイブランドロゴ入りのバンダナを取り入れると、韓流スターのような印象を演出できます。

ラフな印象:ワントーンコーデ×ヘアバンド

 

この投稿をInstagramで見る

 

ryusei🍟(@ryu_chan.2.8)がシェアした投稿


ワントーンコーデにもバンダナを取り入れやすいです。コーデと同じ色味のバンダナを取り入れても、少し違った色味を取り入れてもカッコよく仕上がりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました